脇毛に影響のプロペシアやノコギリヤシのホルモン抑制

プロペシアの有効成分はフィナステリドで、5α還元酵素を阻害することでDHTが作られにくくなります。
胎児から思春期の時期までは性器の発達のために重要な役割がありますが、それ以降はAGAや前立腺肥大、体毛を増加させるなどあまり良い影響がありません。

ノコギリヤシはヤシの一種で、果実から抽出された成分がサプリメントとして販売が行われています。
プロペシアと同様に男性ホルモンのコントロールに対して有効性があって天然成分でもあるため体に優しい特徴があります。
科学的に効果が証明されたわけではなく、強い効果が得られるわけではないため、薬と同じ効果を期待するなら長期的な服用が必要となってきます。
海外では臨床試験が行われていて、AGAや前立腺への有効性の研究が続けられています。

同じような作用があるプロペシアとノコギリヤシを併用してしまうと、体に悪影響が出てしまう懸念があります。
ノコギリヤシが天然成分であることと、科学的な成果が出されていないため注意事項に併用を禁止する書き込みがない場合も多いですが、男性ホルモンを強く抑えてしまう可能性があります。

薄毛の髪が順調に生えてくるようになるだけでなく、脇毛などの体毛が薄くなっていく可能性があります。
薬効が高まりすぎることでプロペシアによる副作用反応が出やすくなってしまう危険性も残されます。
肝機能障害や発疹、睾丸痛、めまいや乳房肥大など服用後に異変を感じたときには早めにクリニックに行って診断を受けましょう。
併用した薬と、サプリメントも一緒に持参したほうが良いです。
妊娠中の女性は、男の赤ちゃんの生殖器発達に影響を与えてしまうプロペシアに触らないほうが良いですが、ノコギリヤシも避けたほうが安心です。

関連記事