プロペシア服用でうつ症状が出ることも

髪がきれいになりたい男性

薄毛・脱毛対策のための薬として、安価で効果もあると人気のプロペシアですが、副作用としてうつ症状が出ることがあるようです。
具体的には、落ち込みやすくなる・やる気が出なくなる・集中力が続かなくなる・イライラする、といった症状があげられます。
はっきりした原因は明らかになっていませんが、プロペシアに含まれているフィナステリドと呼ばれている成分が、男性ホルモンに作用して、うつ症状を引き起こすのが主な原因ではないかと言われています。
また、フィナステリドが、抑うつに関係する神経活性ステロイドを減少させてしまうからではないか、という指摘もあります。
その影響で自律神経のバランスがくずれることで、うつ症状が発生しやすくなるということです。
プロペシアを服用している人の中には、この神経活性ステロイドの減少によって、性欲の減退やEDといった症状があらわれる人もいます。
アメリカで行われた実験でも、AGA治療でフィナステリドを用いなかったグループに比べて、フィナステリドを使って治療したグループでは、うつ症状になる人の割合が高かったという結果が得られています。
中には、服用をやめてからもうつ症状の改善がみられないというケースもあるようです。
必ずしもすべての人にこの症状があらわれるとは限りませんが、プロペシアを服用していて、もし上記のような症状が感じられた場合には、服用量を減らしたり、医師に相談するなどの対策をとることが大切です。
また、これから服用してみようと考えている人も、うつ症状のリスクを考えて、服用を始めるようにしてください。
また、早くに効果を出したいからと、規定量よりも多くを服用することなく、必ず決められた量を守るように心がけてください。

関連記事