プロペシア休薬すると抜け毛が増える?

髪の問題を心配する男性

男性型脱毛症の原因は男性ホルモンのテストステロンが、5α還元酵素によって代謝されてジヒドロテストステロンに変わることによります。
ジヒドロテストステロンは毛母細胞の働きに影響を与え、毛髪が成長するために必要な細胞分裂を抑えてしまいます。
こうなると毛髪の成長が上手くできず、薄く細い髪の毛となって十分に成長できずに抜けやすくなります。
プロペシアの薬理作用は、有効成分のフィナステリドが5α還元酵素の2型の働きを抑えることで、ジヒドロテストステロンが生成されるのを防ぐことで、毛髪が成長するのを助け、抜け毛を予防することにあります。
プロペシアの効果は一時的で、服用したその日にだけ効果を発揮するため、抜け毛を予防するには継続することが重要なこととなります。
毎日のように飲み続け、一般的には6ヶ月ほど続けると毛髪が成長して、満足できるだけの状態になると言われています。
この時点では5α還元酵素の働きが抑えられているので、ジヒドロテストステロンの生成はほとんどなく、薄毛がゆっくりと改善されているように見えます。
しかし、薄毛の進行が抑えられているだけで、ジヒドロテストステロンの生成のリスクがなくなっているわけではありません。
たとえ髪の毛が成長したからといって、プロペシアの服用を中断してしまうと再び5α還元酵素が活性化して、原因物質が生成されるようになるので、元の状態へと戻ることになります。
休薬したから以前より酷い抜け毛が起こるというわけではありませんが、運動療法や食事療法など他の対処方法を実行していない限りは、改善されず以前と同じ状態に戻ります。
増えた毛髪の分だけ抜け落ちていくので、抜け毛が増えたようにも見えますが、実際には何も変わっていないのです。

関連記事