プロペシアの効果の実態~部位により差があるのか

プロペシアは男性型脱毛症、通称AGAの治療薬です。
プロペシアの中には、男性ホルモンと特定酵素の分泌を抑制する作用を持った成分が含まれています。
AGAが発症する原因は複数ありますが、そのひとつが男性ホルモンと特定酵素の結合です。
男性ホルモンと特定酵素が結合すると、男性ホルモンがより強い作用を持った物質に変換されてしまいます。
その影響として発毛や育毛が阻害され、AGAが発症すると言うのがそのメカニズムです。
男性ホルモンや特定酵素の分泌に関しては、自分の努力だけではどうしようもできない部分があります。
しかしプロペシアを服用すればそこに作用が及ぶわけですから、高い効果が期待できます。
現に研究では、プロペシアを継続して飲み続けることで発毛や育毛が改善された、また薄毛や抜け毛の状態が良くなったと言う人の割合は高いと言う結果も出ています。
しかしそうは言っても、やはりその実態が気になると言う人は多いかもしれません。
たとえば薄毛の部位によって効果実態に差があるのではと思う人も多いかと思われます。
実は男性ホルモンと特定酵素の結合によりAGAが引き起こされた場合には、頭頂部や額の両端から薄毛や抜け毛が広がっていくことが多いのが特徴です。
これはその部位に、特に多く特定酵素が分泌されており、男性ホルモンと特定酵素の結合が起こりやすいためです。
ですからプロペシアは、特にその部分に対する薄毛などに高い効果が期待できるとされています。
しかしそれ以外の部位に発生した症状に関しても、プロペシアは一定の効果があるとされています。
それ以外の実態に関して言えば、まず副作用のことが挙げられます。
これは薬ですからある程度はやむを得ないと言えます。
心配な方は、医師に相談することが望ましいです。
また女性がプロペシアを服用するのは厳禁ですから、この点には注意が必要です。

関連記事